こころ安らかに長期分散積立投資

「長期、分散、積立投資」のブログです。

みずほ銀行債を米ドル建てとしている狙い

 みずほ銀行はなぜ社債を米ドル建てで発行するのかを考えてみました。

仮定として、みずほ銀行は米ドルで新たな事業やM&Aを考えており、資金が必要とします。

 そこで、普通に考えるとアメリカで社債を発行して資金調達をすればよいですね。しかし、アメリカで社債を発行して資金調達しようとすると、利率が(0.95~2.45の中央値)1.7%(日本じゃ十分に高利率)でもアメリカ人はまず買わないとわかります。なぜなら、米国債5年の利率が1.75%だからです。日本人にとって、みずほ銀行といえばかなり有名な銀行ですが、アメリカ人にとってはほぼ知らない銀行でしょうから、少なくとも米国債5年の利率より高くないといけません。

 そんなことはみずほ銀行は百も承知なので、個人向け国債でも0.05%という①低金利かつ②みずほ銀行というブランド力を発揮できる日本で米ドルを調達することにしたと考えることができます。

 みずほ銀行がうまいのは、円建て社債よりも利率が高いことを餌に、為替リスクを個人投資家に持たせていることです。米ドルを調達する場合、アメリカ人から米ドルを調達するのと、日本人投資家に日本円から米ドルに交換させて米ドルを調達するのは結果的に変わりません。

 繰り返しますが、①日本の債権利率が低いことと②みずほ銀行という日本人にとっては安心できるブランドを巧みに利用して、日本の個人投資家に安い金利かつ為替リスクを取らせる(+為替両替手数料も往復でとれるのです)戦略の社債であると思っています。

 もちろん、みずほ銀行債の利率がMax2.45%であれば話は違ってきますが、だいたいこういう幅のある募集は、中央値程度になりますので。

 これを考えると孫さんのソフトバンク債は円建てでよく頑張っていると思います。ソフトバンクも外国籍の会社のM&Aで資金が必要だと思いますが、為替リスクはソフトバンクが負っていますので。 

 ソフトバンク頑張れ!!

 

dodekanissa.hatenablog.jp

 

みずほ銀行債(米ドル建て)を勧められました。

 個人向け国債を購入しているみずほ証券の担当の方から電話があり、みずほ銀行債(米ドル建て)を勧められました。

https://www.mizuho-sc.com/ap/product/saiken/gaikadate/shinhatsu/resources1/gaisai_1gatu.pdf

 みずほ銀行債権で、人気がある?とのことです。

米ドル建て社債、利率 max 2.45%(未定)、期間5年が主な条件です。

みずほ銀行社債なので、潰れることはないという意味で人気?なのでしょうか。

利率は、max2.45%で、為替リスクは当然あります。一旦考えることにして、電話を切りました。

 よく考えると、世界株式インデックスファンドで、だいたい年平均4から5%の上昇を見込める(過去のデータから)のであって、その年によってデコヘコはありますが、5年も持てば平均値に収まってくる可能性は高いです。リーマンショックも3年すれば戻っていて、5年したら大幅上昇してるはずです。したがって、利率だけを見ても魅力はありません。

 改めて人気の理由がわからず、今回は見送ります。(もともと外国債券は買わないつもりでしたが)

  日本円建てであれば、ほぼ無リスク資産として買いますが。

dodekanissa.hatenablog.jp

 

 

クレリスHD(3387)分割 1株→2株

 1/14付けでクレリスHDの株式分割(1→2株)が発表されました。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3387/tdnet/1783853/00.pdf

 

私が買った時から二倍以上になっており、単位株を購入するにしても20万円以上が必要となることから、分割して買いやすくするのが目的のようです。

 これに伴い、株主優待制度も拡充され現在の単位株100株でお食事券3000円/半年→4000円に変更となります。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3387/tdnet/1783855/00.pdf

 

 塩付け株以外で2年以上保有しているとこういう恩恵もあるのだとなかなかいい経験になりました。インデックスファンド一筋では飽きてしまうので、株主優待が魅力的なクレリスHD,アトム、吉野家、イオンはしばらくはホールドしようと思います。

 ただし、株主優待改悪で暴落するコックスなどの痛い経験もありますので、今後の買い増しはしないつもりです。基本姿勢は、長期分散積立投資に変更はありません。

一般NISA→特定口座へ

 2015年に一般NISAで投資した投資信託が特定口座へと移されました。

銘柄を見ると、以下です。

三井住友TAM-外国債券インデックスe

三井住友TAM-SMT 新興国株式インデックス・オープン

三井住友TAM-SMT グローバル株式インデックス・オープン

当時は、三井住友TAM-SMTシリーズが低信託報酬の代表格でしたが、今は見る影もないですね。途中で売却してeMAXIS Slimシリーズに乗り換えようと思いましたが、非課税期間がもったいなく、今まで我慢していました。

 ということで、早速すべて売却してSlimシリーズへ買いなおします。

運悪く、ダウが暴落した時点で約定したようです。。。

 

みずほ証券新担当者と話をしてきました。

 みずほ証券から個人向け国債を買っています。先日、担当者が変更になったと電話があったのでご挨拶に伺いました。

 株などどうされていますか?と聞かれたので、SBI証券投資信託を買っているので、みずほ証券では個人向け国債ソフトバンク社債くらいしか買う予定はないと回答してきました。

 トヨタAA株の幹事をすることがあれば、全力で買いたいとお伝えしたものの、かなり若い方だったので、その存在自体を知らずこちらから説明をしてきました。

 トヨタAA株の二回目以降はないと思いますが。

 

 

dodekanissa.hatenablog.jp

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 信託報酬引き下げ

私がメインで積み立てているeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの信託報酬が引き下げとなりました。

 0.0999%→0.0965%(税抜き)

実に0.0034%ですので、今は大したことないですが、20年以上の長期スパンで見ると資産も増える見込みなのでじわりじわりと効いてくると思います。

 今年のFOYにもeMAXIS Slim先進国株式インデックスに5票すべて入れました。業界最安値を追及してくれるeMAXIS Slimシリーズを今後とも応援していきたいと思います

 https://www.am.mufg.jp/text/release_191204.pdf

 

dodekanissa.hatenablog.jp

 

みずほ証券担当者変更の連絡

 大手証券会社の口座を3つ持っています。野村証券トヨタAA株、大和証券:個人向け国債ソフトバンク社債みずほ証券:個人向け国債です。

 このうち、なぜかみずほ証券だけ担当者をつけてくれます。担当者といっても2年で3回変わっておりさらに一度もお会いしたことがありません。

 みずほ証券は、みずほプレミアムクラブ会員を維持するために1000万円の国債を買う必要があるので、担当者がいた方が私的にはよいのですが、会社の経費的にはちょっと無駄ではないかと思います。

 各社、営業スタイルが異なるので何とも言えませんが、キャッシュバック額が減らないように無理のない範囲でサポートをしてもらえばと思っています。

 

dodekanissa.hatenablog.jp

dodekanissa.hatenablog.jp

dodekanissa.hatenablog.jp

dodekanissa.hatenablog.jp